本文へ移動

県民のみなさまへ

公益社団法人福島県栄養士会は、昭和22年に日本栄養士会福島県支部として発足し、戦後の混乱期より一貫して、県民の食生活改善の普及に力を尽くして参りました。その後、昭和58年には、福島県栄養士会と改称し、平成5年には社団法人福島県栄養士会、そして、平成2541日より公益社団法人福島県栄養士会として組織を強化し、知事より認可された栄養士の職能団体です。
 

本会は、食の営みを通して健やかによりよく生きるという人々の願いに応えることを職責とする事業を行い、栄養・食事指導にかかる科学と技術に立脚しながら、食と栄養の専門的な支援を通して県民の健康増進と福祉の向上に寄与することを目的としています。

会長の挨拶

公益社団法人 福島県栄養士会会長 中村 啓子

平成26年度は公益社団法人へ移行して2年目の年度です。
 今年は福島県栄養士会にとって、明るい出来事が増えたと思います。11月3日、新聞ですでにご存じかと思いますが鈴木里子前会長が秋の叙勲で旭日章小綬章の栄に浴されました。長年、福島県栄養士会の会長としてご活躍され、顕著な功績をあげたことにより御叙勲の栄誉に輝きました。誠におめでとうございます。また今年は理事の選挙があり、新たな執行体制で(公社)福島県栄養士会の事業運営にあたって参りました。新しい風が入って更に活性化してきました。
特に会の発展のための会員増対策については、いつも活発な討議がされています。会員からも、いつも栄養士会に入会したメリットはと聞かれますが、研修会案内が届く、支部・職域別部会に属して仲間づくりができ情報交換や共同研究等の輪を広げることができます。月に1回日本栄養士会から栄養業務不可欠な豊富な話題と、タイムリーな情報を掲載した雑誌が送られてきます。
今年度から生涯教育制度が新しくなり、認定管理栄養士・栄養士の認定要件も決まりました。日本栄養士会は、この認定を持つことにより、管理栄養士・栄養士のスキルを担保した証明として活用することを予定しています。メリットは、いっぱいあります。未加入の管理栄養士・栄養士さんがおりましたら、ぜひ仲間入りしていただいて一緒に活動してみませんか。管理栄養士・栄養士への社会の期待に応えるために。
 そして、顔の見える身近な管理栄養士・栄養士として県民の健康づくりに積極的に関わっていきたいと思います。
公益社団法人 福島県栄養士会
〒963-8014
福島県郡山市 虎丸町6-18 虎丸ビル201
TEL:024-939-1195
FAX:024-939-1222
TOPへ戻る