公益社団法人 福島県栄養士会|特定保健指導|栄養食事指導|被災者支援活動事業|栄養・食事に関する各講演会|調理実習|福島県

 

夏のレシピ

 

材料 (4人分 単位:g)

材料 (4人分 単位:g)
 
鰹 ・・・・ 240
しょうゆ ・・・・ 20
みりん ・・・・ 10 
酒 ・・・・   10
しょうが ・・・・ 2
かつお節 ・・・・ 4
 
   
鰹の焼きびたし
エネルギー(一人分):70kcal
 
 
  作り方
1. 鰹を食べやすい大きさの切り身にする。
2.きれいなきつね色になるまで両面を焼く。
3. 調味料を煮立たせてから、1.にかける。
 
 
【一口メモ】
• 鰹は、いわきの代表的な魚のひとつです。調味料を一度沸騰させ、そこに焼いた鰹をつけることで日持ちさせ、保存食としても重宝される料理として伝えられてきました。
• 田植えの時期になると、鰹をもらった農家は焼きびたしを作ったり、その汁を「筍とふきの煮物」などにも使って農繁期の食事としました。また、「さなぶり(田植えを終えた祝い・祭り)」などにも用いたようです。
<<公益社団法人 福島県栄養士会>> 〒963-8014 福島県郡山市 虎丸町6-18 虎丸ビル201 TEL:024-939-1195 FAX:024-939-1222